謹賀新年

明けましておめでとうございます。


フランスの、たぶんキリスト教国すべての、一番大切な日はクリスマスで、お正月は二の次で、元旦は祝日であるものの、2日からは仕事が始まります。

あまり正月気分は味わえません。

もちろん大晦日から元旦にかけて、家族や友人と集まって楽しむ人、特に若者は多々いますが。

田舎暮らしの老人夫婦(?)じゃね…さっさと寝たい111.png

それでも本日元旦は、次女夫婦が来てくれて、仕事で来れない長女や長男からも電話があって。何でも朝4時過ぎまで働いていたとか。



これで結構日本の行事を大切にしている方で(たぶん)、以前はそれなりにおせち料理を作って重箱に詰めて並べていたのですけど、年とともに疲れてきたし、結局夫婦二人だけで伝えるべき次世代は家を出てしまったし、ということで手抜き気味。

それでもお餅はついていて鏡餅は作って飾っおりますが。いつもは玄関のお飾りも作っていたのですけど、去年はホントに久しぶりに秋に里帰りができたので、簡単なお飾りを買うことができました。

今年の正月料理もどきはコロッケ。次女の夫は日本のコロッケが大好きで、偏食の激しい難しい男なのですけど、これは大喜びで食べてくれるので。あと自家製野菜サラダに小さなおにぎり。我が家に代々続くフルーツ寒天。夕飯には、お餅で作ったピザ。お雑煮作っても、無理して食べてる感が強いのですけど、この餅ピザは大好物。

お天気が悪く、半嵐という中、次女夫婦とゲームしたりしながら楽しいお正月でした。

c0374023_05583861.jpg

c0374023_05592794.jpg

ないないづくしではありますが、手作り正月で心は錦。たかがコロッケされどコロッケ、日本のパン粉で作ったコロッケって、実はこちら、特に田舎では高級品なのです。で、この何の変哲もないコロッケレシピは日本の友人だった戦前生まれの老夫婦から受け継いだもの。

そうやって、親から子へ、子から孫へと引き継がれていく家庭の味って、平凡ですけどステキですよね。



今年もよろしくお願いいたします。






[PR]
by iroirohitorigoto | 2018-01-02 06:16 | フランスの田舎暮らし