市立自然史博物館/ベニス8

今回の、娘とふたりだけのベニス旅行、娘がガイドブックを持ってくるということだったので、完全に当てにしていたら、持ってくるの忘れてて(# ゚Д゚)

私がPCで日本語でチラ見していた記憶だけが頼りの旅に。

有名どころを見たら後は「どこも同じ」というか疲れて飽きてきて。



そんな時、運河船バスに乗ってたら、『Museo di Storia Naturale di Venezia』という垂れ幕が目に入りました。

イタリア語だけど、Museoは『博物館』でNaturaleは『自然』は見当がつく…で、これは見たい、ということで、地図を見ながら、たしかここら辺だったはず、と、「またママは何を見たんだか」と揶揄する娘を引っ張りながら迷路を行くと、あきらめかけた頃、壁に小さな標識が。

私が「ほらね」と言えば、娘が「すっごーいっ!」と。



で、この自然史博物館、面白かった。

一番面白かったかもです。

13世紀、商館として建てられたものが1865年に大規模な改修が行われ、1923年から現在の博物館になったそうです。

植物学、昆虫学、動物の標本、化石、民俗学など所蔵品が約200万点に及ぶとのことですが、恐竜の化石から始まって、アフリカ動物のはく製はあるワ、貝類や鳥類のもの、大型ワニに人間のミイラもあるワ、道具類もあるし、シアターもあるし、どの部屋も充実ぶりがずごく、期待していなかっただけに、嬉しい発見でした。




[PR]
by iroirohitorigoto | 2017-10-24 16:34 | 出不精な私でも旅をする