治安/パリ、ベニス、東京 

フランスの大きなターミナル駅を歩いていても、

軍人が銃を肩に警備しています。

テロ警戒中。

どこにでもいます。

空港はもちろん、駅、バスターミナル。

軍服姿の兵士に警察官も。

複数でチームを組んで。


ベニスの駅にも、当然空港も。


ところが日本に着くと、誰もいない。

イヤ、空港に警備員はいましたが。

あれ、警察官でしょうか?

見てみれば、警棒は持っているようですが、

銃は、ピストルくらいは携帯してるのでしょうか?

もしガードマンだったらピストルも持っていないはず。

これから東京五輪も始まるし、これだけ外国人も多いのに、大丈夫なのか? ニッポン。

外交評論家の加瀬英明氏が確か言ってました。

「日本は不思議な国です。他のどの国でも、制服軍人が普通に街を歩いているのに、日本にはいない」


私も外国暮らしをして、初めてそのことに気づきました。

あの制服姿は犯罪を犯そうとする者にとって無言の抑止力となります。

日本でも、メディアが「テロ」という言葉を使って報道しないだけで、

テロは確実に起きています。

にもかかわらず、かかわらず…。








[PR]
by iroirohitorigoto | 2017-10-18 09:04 | 出不精な私でも旅をする