ベニス3

塩野七生さんの作品群が好き。

『海の都の物語ーヴェネツィア共和国の一千年』

徹底した現実主義者、ヴェネツィア人たちの物語が大好きだった。

誕生から滅亡まで。

迷路のようなベニス、ヴェネツィアの街中を歩き回りながら、

そこに見ているのは、現実の観光客たちではなくて、

古のヴェネチア人たち。

石造りの建物、教会内の天井絵画やステンドグラスの荘厳さに圧倒される。

フランスもそうではあるのだが、やはり『ルネサンス発祥の地』イタリアだけあって重厚さが違う。

きっとフィレンツェなんかもっと凄いのだろう。

パリが軽く見える。

フランス宮廷文化なんて、もともとはフィレンツェからド田舎フランスへ嫌々嫁に来たカトリーヌ・ド・メディチがお抱えの料理人から何から皆連れてきて、そして広めたものなのだ。



『海の都の物語』 昔読んでいて、今手元にないのだが、未だに憶えているところがある。

キリスト教教会の権力が絶大で、魔女狩りの嵐が吹き荒れていた中世。

その中でさすがのヴェネツィアも、魔女裁判を要求するローマ法王に正面から刃向かうことはできなかった。にもかかわらずヴェネチアで魔女裁判が行われたことは結局一度もなかった。

さて、彼らはどう切り抜けたのか?

法王側との交渉で以下のふたつの条件をのませることに成功したのである。

ひとつは、魔女の容疑者を裁判にかけるかどうかの決定をする審議会のメンバーに教会側だけでなく数人のヴェネツィア人を入れること。もうひとつは、決定は『全員一致』でなされること。

そして一度たりとも審議は開催されなかったのである。なぜなら、審議の招集がかかるたびに、ヴェネツィア人メンバーの誰かが、病気になったり、身内がなくなったりしたからなのだ。

そうまでして彼らはヴェネツィア共和国民の信仰や言論の『自由』を守り抜いた。人権意識が高かったのか?

違う。

かの国は、キリスト教国とイスラム教国との交易の中継地点として成り立っていたのだ。異民族異文化の交差する国。経済を成り立たせ国を繁栄させるためには、何が何でも『自由』を護らなけらばならなかった。

フランスなどの魔女狩りから逃げてきた人は、ヴェネツィアを目指した。あの国にたどり着ければ助かる。かくまってくれた人の誰もが言ったという。「ヴェネツィアへ行け」と。

私は、このヴェネツィア人たちの『自由』意識が今時の甘ったるい似非ヒューマニズムからではなく、国家存亡を賭けた徹底したリアリズムからきているところが好き。当時の王権をはるかに凌いでいた強大なローマ教会権力を相手にした巧みな外交術。

…惚れ惚れする。



[PR]
# by iroirohitorigoto | 2017-09-19 06:46 | フランスの田舎暮らし | Comments(0)

ベニス2

夜10時頃の飛行機に乗るのに、トゥールーズに電車で4時過ぎに着く。その後だと遅くて間に合わなくなるので。

そこで待ってた娘と無事合流。(フランス国鉄SNCFは故障とかで遅れたりはしょっちゅうなので、まず時間通りに着く、というのが最初の関門)

夕食のお弁当持参で、公園などでウロウロウロウロ、ダラダラお喋りで時間をつぶす。

しかしどこ行ってもテロの厳戒体制中なので軍人さん歩いてます。これはいいこと。『彼ら』にとっては心理的圧力になるわけで。抑止力。


さて、やっとこさ乗ったスペイン航空機。小型。外のタラップから乗る。

待って待って待って、…やっと…動き出しました…と思ったら。しばらくして…プシュ~と停止。

どうも故障らしい?

パイロット以下スタップが説明するも、マイクの声が小さくて全然聞こえないし、だいたい仏語が話せないらしいし。スペイン語とほんの少しの英語って感じ。しかし何も聞こえない。隣のおばさんが『もっと大きな声で』と叫べど変わらず。

スペイン語が分かるというフランス人兄ちゃんがスチュワーデスの言うことを通訳してくれる。

要するに、実際に故障しているわけではないのだが、コンピュータのセキュリティランプが赤色のままなので、パイロットとしては出すわけにはいかないとか何とか。

結局そのまま機内で待つこと2時間。

ずっと黙って待つ間、娘は、払い戻しはあるのか訊いていた。厳しい娘なのだ。3時間以上遅れると何らかの保障があるらしい。私としては、飛んでから何か見つかるより離陸前に見つかって良かったし、変に出発して真夜中の中途半端な時間に着いてもらっても困るから、このまま機内で夜を明かす方がいいかのも、と安全チェックの遅れを内心半分本気で願ってみたり?

夫や長男や次女に電話したりして。

『もう着いたの?』

『まだトゥールーズで~す。もう行かないかも~?』とワハハと笑う。本もあったし、お昼の残りのおにぎりもあったのでちょっと余裕。


でも結局出発できてしまった…。

ベニスに着いたのが夜中の2時過ぎ。また嫌な時間に、と舌打ちして。

まあ、同じ飛行機に乗ってた人はいたわけで。さっさと帰っていく人以外はそこにぼんやりしていて、仏語が通じたり通じなかったりなんだけど、何となくみんなで『タクシーはどこだ?』って。

ちょうどパイロットたちが通ったので娘がすっ飛んで行って『タクシーは?』って訊いて、乗り場まで連れて行ってもらった。

そしたら結構タクシーあったのですね。真夜中でも。行き先・料金がちゃんと書いてある。おお、イタリアっ!『ふんだくられる』と散々言われていたので身構えていたのだ。結局スペイン人女の子3人組と方向が同じだったので、相乗りで。仏語も英語もほとんどわからない子たちだったけど、『ひとり10€で割り勘、OK?』って感じ。

メストルで先に彼女ら降ろして後は我らのホテルへ。『ここら辺安全?』と運転手のおじさんに訊いてる横ちょを象ような足をしたおばさん娼婦が歩いてたし…。これは迫力ありすぎて日本の男には無理だな、とか思ってみたり。


ホテルの受付にライトがついているが外から見えた時は、娘と二人心底『ほぉ~っ』。


受付で、若い野性的なイタリアンイケメン兄ちゃんと、『料金を払え』『イヤ、もう払ってある』と英語でちょっともめたけど、明日改めてチェックする、ということに落ち着いて(既に払っていたことが翌日確認されたので、この時払わなくてホント良かった)。

鍵もらってやっとこ部屋に。窓あけて『とにかく着いたよ、イッタ~リアっ♪』と娘と喜び合った。その夜蚊だらけで困ったけど。

次から次へとハプニング。でも娘がいてくれているので安心感が全然違う。今度は子供に護られる側になってしまったのだなぁとちょっとしみじみ。


大船に乗ったつもりで、

さあ、ベニスだぞ。



[PR]
# by iroirohitorigoto | 2017-09-15 06:12 | フランスの田舎暮らし | Comments(0)

ベニス

時々超安値の航空券があったりする…らしい。

トゥールーズ・ベニス間の飛行機代が往復30€、日本円にして、約4000円。

長女はこういうのに目ざとく、よく旅行している。ある程度自由のきく仕事をしているからできるわけだが。

ということである日電話が。

『お母さん、一緒にベニス行かない? 30€!』

こういうのは瞬時に予約しないとすぐ席がなくなってしまうのだそう。早い者勝ち。で、夫とは連絡が取れず、私と長女の二人だけで4泊5日のベニス旅行に行くことになった。

もともと出不精だし、そんなお金があるんだったら日本に帰りたいし、今在仏でそれ自体が外国なので特に旅行したいとも思わなかったのですけど、娘に引っ張られる形で。

『安い』と飛びついてしまった後で改めてゆっくり調べてみれば、我が家からトゥールーズに出る往復電車代の方が倍以上しているし、それにスペイン航空で真夜中の1時近くにベニスのマルコポーロ空港着とある。『女二人だけで真夜中に初めての街歩くの?怖いよ。大丈夫かいな?』とちょっとビビり気味。ま、こんな時間帯だから安いんだろうけど。

宿はベニスと空港の中間にあるメストルという街にとった。一応ホテルなんだから夜中でも開いてるよね?とは思いつつ、『何たってイタリアだし、信用できん』 

『飛行場で朝まで待とうか?だいたい空港って24時間開いているのか???』

『一応国際空港だろうし、追い出されはしないよね??? ほら、『ターミナル』ってアメリカ映画あったじゃない?トム・ハンクスの空港で暮らしてる男の話』 …と娘と二人、最初の夜もホテルを予約するか空港に寝るかであーでもないこーでもない。

で、やっとこさ、結局ホテルに予約入れときました。万万が一、空港で真っ暗な外におっぽり出されてそこら辺の草むらで夜を明かすなんてことになったら『怖すぎる』ということで。でもホテルの前で入れず暗闇の中立ちすくむ、というのも怖いけど。よく空港近辺にあるF1ホテルとかそういうのがどうしても見つからない。ないんですかね?



[PR]
# by iroirohitorigoto | 2017-09-14 01:09 | フランスの田舎暮らし | Comments(2)

アクセサリーBOX

次女が数日我が家に滞在。

その間に以前から欲しかったらしいアクセサリーBOXを『ああでもない、こうでもない』と作っていた。

空き木箱見つけてのこぎりで削ったり、ペンチで金具を曲げたり…から始まって、厚紙探してきて絵具塗って、和紙貼って…。

曰く。ウチにはいろいろなモノがあるから利用できていいんです、と。

私も多少のアドバイス110.png

で、できました。本人、めちゃくちゃお気に入りのよう(私もっ!)。

こういうの、ありそうで、ないのですよね。『これっ』ていうのは。

使い勝手がいいこと、頑丈で、でも軽いこと、見目好いこと。そして最も大切なのは、自分の場所にピタッと納まること!

c0374023_19462513.jpg

自分は不器用で、また縁もなく、『職人』に憧れつつ、なれなかった人なので、子供たちには『自分で生活を作る人』になってもらいたかった。

『芸術家』でなくていいから、地に足のついた、『作る人』。

まあ、私の子供たちなので大したことは期待していないのだがw、夫の生活バイタリティも継いでいるわけだし、こう、自分からガサゴソやっているのを見るのは、とても、嬉しい。

親バカだけどw



[PR]
# by iroirohitorigoto | 2017-09-11 20:19 | 子育て/子供たち/学校教育 | Comments(0)

嬉しいドッキリ

長女(27歳)から朝電話が。

『今夜映画観に行く~。何の映画だと思う?』

『…う~ん、『この世界の片隅に』??』

『当たり~っ! で、監督挨拶があるんだよ』

『へっ?何でそんな街に監督来るの?』


で、夜、また電話が。

『今監督さんたちの話聞いている』

『後で、お母さんがファンだから電話で話してってお願いしてみる』

私は『はぁ? いいよ、そんなの、何言ってんの』と電話を切った。


更に2時間ほどたって、私は既に布団の中で、真っ暗闇の中電話が。出ると。

『ママ、準備はいいわね? 代わるよ』

で、いきなり、何と監督と電話でお話ししてしまいましたっ!

まさか本当に電話がかかってくるとは思ってないから『あわわわ』状態。


後で娘に周囲の様子を訊いてみたら、笑ってたって。

『誰それ? 娘さんのお母さん??? はぁ』みたいな…。

でもちゃんと話せて(たぶん?)、ついでにちょっと引っ掛かっていたことも『この際だから』と訊いてしまいました。


あれ、終戦の玉音放送、昭和天皇のお声じゃないのですよね。で、何でここでわざわざ他の声を使う?とその意図を図りかねていたのです。で、その点を単刀直入に。

その理由はここには書きませんが、そんなに込み入った話でもなく、訳を知って、ああスッキリ。

娘の突飛な、愛の溢れるw思いつきと(ほとんど人がいなくなる最後の最後まで粘って待っていたらしい)、またそれに優しく応えてくださった監督に感謝。(きっと最初から最後まで、内心『何で?』状態だったに違いないw)


ひとりでも多くのフランス人がこの映画を観てくれますように。



[PR]
# by iroirohitorigoto | 2017-09-09 21:27 | フランスの田舎暮らし | Comments(0)